ハシモトの物欲ブログ

VOL.290【格安古着屋探訪①】スウェーデン軍のM-59コンバットパンツを激安捕獲!

度々地方のファミリー向け古着屋に「面白いモノはないか」と探索に行くのですが、どうやら最近私は運がいいようで。ファミリー向けだからこそ見向きもされないコアなアイテムをいくつか捕獲することが出来ました。今回はそんな古着屋で見つけた、しかも激安で捕獲できたミリタリーアイテムのご紹介です。

 

 

スウェーデンのミリタリー。


 

今回の主役はコチラ。

スウェーデン軍のコンバットパンツ、M-59です。

1970年代あたりから使用されていたモデルと思われます。

今でいう”カーゴパンツ”と呼ばれるモデルといって良いでしょう。

裾には淡いグリーンのレザーベルトが装着されているはずでしたが

コチラは欠損しておりました。

 

冒頭にもありましたように、今回コレを購入したのは

ミリタリーとは無縁のファミリー向けの古着屋さん「五番街 糸島店」

何気なく店内を見ていると、パンツラックの端にコレがかかっており

遠くから見ていても異彩を放っていました。

「なんでここにこんなモノがまぎれこんでいるんだ?」と大変驚き、気がつくと

ソレはすでに買い物カゴの中に入っていました。無意識に捕獲していたようです。

 

そして更に驚くべきが値段。

もともとそんなに高騰しているアイテムではなく、

デッドストックでも割と手に入れやすいのですが、

この店での価格設定はハッキリ言って破格でした。

 

定価1,640円(税込)!

 

更に現在この「五番街」では店内全品半額セールを行っており・・・

 

820円(税込)!!!!!!

 

 

そりゃあすごい。

ベルトの欠損以外は状態はほぼ未使用といっても良い美しさ。

こういうのがあるとファミリー向けの店に顔を出すのをやめられなくなります。

 

 

 

詳細をご紹介。


ウエスト箇所はベルトループで締めるもよしサスペンダーで吊るもよし。

正面ポケットはフラップ付きの斜めポケットが2つ。

そのすぐ下、太もものあたりにはカーゴポケットが2つ。

 

 

 

フラップ付き斜めポケットにはクレストのついた

グレーのプラボタンが採用されています。

洗っていくうちに欠損しないように注意が必要です。

 

ミリタリーモノはポケットというのは

深さが十分にあるので、バッグを持たずに財布やスマホを

ポケットに入れて出かけてしまう私にとっては大変にありがたい設計です。

 

後ろのポケットは右側のみ。

 

内側には「C48」の文字。

詳細の記載がされているミルスペックはございませんでしたが

他のスウェーデン軍のパンツから察するに

生地はコットンとポリエステルの混紡だと思われます。

 

股の箇所には「三ツ矢サイダー」のマークのような

裁断がなされておりユニークです。

股上は結構深いので、ハイウエストでクラシックに履き楽しむことが出来ます。

 

先述の通り裾のベルトが欠損しております。

レザー製とのことなので摩擦や洗濯などで消耗してしまったのでしょうか。

 

ベルトにより裾幅がこんなに調整できる模様です。

 

 

 

詳細についてはこの辺りにして

次は着こなしについて考えてまいりましょう。

 

 

着こなしについて考える。


カットソー:sakanaction (サカナクション)

バンダナ:HAVANA (ハバナ)

ベルト:BROOKS BROTHERS (ブルックス ブラザーズ)

靴:RED WING (レッドウイング)

 

まずは真夏のTシャツスタイル。

グレーとブラウンとの3色でまとめて

無骨でアウトドアなイメージにしてみました。

コンバットパンツは大変に男性感の強いアイテムですので

ハイウエストでブーツと合わせると一気に雰囲気が良くなります。

 

コレまで当ブログではTシャツスタイルはあまり紹介してこなかったのですが

今後は徐々にそういった組み合わせも増やしていこうかと考えております^^

もちろんドレスアイテムとの組み合わせも引き続き行います。

 

 

シャツ:GIANNETTO (ジャンネット)

靴:PATRICK (パトリック)

 

コチラは先ほどより少しだけキレイ目に。

休日のランチやドライブなどでいかがでしょうか。

ベルトをしても良いのですが、シャツをあえてゆるーくタックインして

あまりカッチリしすぎずに楽しむのもアリかと思いベルトレスにしています。

ベルトをするのであればウエスタン系のバックルが大きいものがオススメ。

 

 

ジャケット:BOGLIOLI (ボリオリ)

カットソー:ORCIVAL (オーシバル)

チーフ:MUNGAI (ムンガイ)

靴:Pantofola d’Oro (パントフォラドーロ)

 

最後は春夏のジャケットとの組み合わせ。

色数を抑えるのは大前提ですが、コンバットパンツのグリーンというのは

色味が強いので、パンツ以外にグリーン系のアイテムを使用するのは控えて

ソレよりも色味の淡いモノの面積を広くとってバランスを整えることに徹しました。

シンプルすぎるかもしれませんが、色柄が多い着こなしは当ブログでは

紹介する気がないものですからご容赦ください。

 

 

最後に。


 

ということで今回は

ファミリー向けの古着屋で出会った

スウェーデン軍のコンバットパンツについてご紹介してまいりました。

 

ミリタリーショップでは埋もれてしまうモノでも

今回でいう「五番街」のような、ジャンルもターゲットも全く異なる店に

このようにして予期せぬアイテムが販売されておりますと、

なんだかソレがとっても魅力的に感じてしまうんですよね〜。

 

そしてそういったシチュエーションに購買のとどめを刺すのが値段。

ファミリー向けなので実に手に取りやすい価格設定。

物欲に拍車がかかるのも無理ないのです。

 

 

あ〜また古着探訪に行きたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す