ハシモトの物欲ブログ

VOL.289【ポルトガル製】古着屋で見つけた味わい深いシャツを大きめに楽しむ!

古着とは一点モノ。一度見送っては二度と逢うことは出来ないと言っても過言ではありません。つまり「ビビビときたら必ず手に入れろ!」ということ。もちろんヴィンテージやブランド品を手に入れることも楽しいが、そんなこと気にせず無名のブランドだろうと何だろうと気に入ったアイテムは思い切って買ってみるべし。視野が広がりますよ。

 

 

ポルトガル製のシャツははじめてです。


 

今回ご紹介するのは

territory reserve (テリトリーリサーヴ)と呼ばれるブランド。

サイズは大きめ。

肩が落ちた近年流行している大きめなシルエットで着こなすことができます。

 

タグにはポルトガル製と記されており、

WEBで調べてみてもそれ以上の情報は一切分かりませんでした。

 

このシャツは先日佐賀県のファミリー系古着店「西海岸 鍋島店」に

行った際、彼女が見つけて私にオススメしてくれたので購入しました。

普段は選ばなさそうな柄でしたが、新しい服装のタイプを開拓したかったことと

手持ちの服とも合わせやすそうに感じた為、購入に至りました。

 

それにしても前のオーナーは

ポルトガル製というなかなかに珍しいこのシャツを

どんなルートで手に入れたのでしょうか。全く想像できません。

 

 

価格は900円ほどでした。

いやはやリーズナブル。

 

 

 

このシャツはブラウンベースの中に

グリーン、黒に近いビリジアン、オレンジ、さらには赤と複数の色を

ふんだんに織り込んだ刺繍で構築されたストライプ柄なのが特徴。

 

色数が多いのでコーディネートが難しそうに思えますが

あくまで控えめな刺繍

かつどれも落ち着いた色味のため

派手な印象になることなく楽しむことができます。

 

イタリアのシャツのようにしなやかな作りの中に

アメリカシャツのような胸ポケットのディテール。

ポケット箇所の柄合わせもピッタリでクオリティは抜群です。

 

夏でも1枚で楽しめる薄手な生地感。

腕まくりを雑にしてワイドパンツなどと合わせて楽しみたいものです。

 

 

ボタンがこれまた特徴的で

おそらく変哲のないプラスティック製と思いますが

まるで木製かのような上品なつくり。

 

そしてボタン付けの糸をよくよく見てみると

4つの穴をコの字に縫い付けられていることがわかります。

安物のシャツにはあまり見られなさそうな仕様なのがグッときます。

 

さて、詳細についての説明はこの辺りにして

着こなしについても考えてみたいと思います。

 

 

着こなしについて考えてみる。


ボトム:BROOKS BROTHERS (ブルックスブラザーズ)

ベルト:BROOKS BROTHERS (ブルックスブラザーズ)

靴:GAIMO (ガイモ)

 

まずは夏にオススメ、シャツメインの組み合わせ。

シャツに柄や多くの色が含まれていますので

それ以外のアイテムが基本無地が好ましいです。

無地を選んで、シャツの中にある色味を使ったコーディネイトをすると

大きく失敗することはないかと思います。

オーバーサイジングでたっぷりと着こなすのが楽しいです^^

 

 

ジャケット:LEVIS (リーバイス)

ボトム:フランス軍 (70s)

巾着:アメリカ軍

靴:Pantofola d’oro (パントフォラ ドーロ)

 

前回綴ったフランス軍M-52チノパンの記事のにも

登場した着こなしです。

先ほど同様、全体をシャツに使用されている色味でまとめ

ゴチャつきのないように意識しています。

梅雨時期の夜などには羽織るものがあったほうがいい場合もありますから

このような組み合わせが大変オススメです。

 

 

ジャケット:POLO RALPH LAUREN (ポロラルフローレン)

ボトム:POLO RALPH LAUREN (ポロラルフローレン)

靴:イタリア軍 (70s)

 

最後は私が梅雨時期に特に愛用している

スウィングトップを使った着こなし。

 

スウィングトップとシャツは紺と茶。

つまりイタリア人の大好物である黄金の色の組み合わせ「アズーロエマローネ」。

おそらく彼らはピッツァとジェラートの次に「アズーロエマローネ」のことが

大好きなのだと個人的には思っています。(バカ)

 

 

最後に。


 

ということで今回は

古着屋で見つけた激安&ハイクオリティシャツのご紹介でした。

古着の柄物なので参考になれるかは微妙なところですが

ファミリー向けの古着屋さんにも素敵な商品はたくさんありますので

皆様も是非一度足を運んでみてください。オススメですよ^^

 

では今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 

【追記】

先日糸島市にあるファミリー向け古着店「五番街 糸島店」でも

数点購入しましたので後日記事にいたします。

ぜひメルマガ購読をしていただき、その際も遊びにいらしてください^^

 

 

 

コメントを残す