VOL.276【UNIQLO感謝祭】ドライクリーニングオンリーのカシミアセーターを洗濯機でジャバジャバ洗ってどうなるか試してみた!

UNIQLO感謝祭で毎年目玉商品とされるカシミア100%のセーター。カシミアが7,000円程度で手に入れられるとあって飛ぶように売れているようです。私も昨年、(当時一昨年のモデルではありますが)このセーターを購入し愛用してまいりました。品質も使い勝手も抜群なのですが気になるのはやはりお手入れ。品質表示にはドライクリーニングオンリー・アイロンもNGの表記が。しかし”物は試し”。洗濯機でのお洗濯とアイロンでの仕上げを両方やってみることにしました。今回はそんなお手入れをして早一年。さて、セーターはどのようになったのでしょうか。(自己責任)

 

購入時の記事はコチラ。

VOL.227【感謝祭】UNIQLOのカシミアセーターってどうなの?購入してみた。

 

 

 

 

 

風合いが柔らかくなりました。


 

洗濯機でジャバジャバ洗ったセーターの現在の姿がコチラ!

(首元のタグは切り外しています。)

 

新品状態の時と比べると、カシミアそのものに含まれる油分がやや抜けて

肌触りがフカフカになったように感じます。色落ちも全然ありません。

(洗濯機は縦型を使用、洗い方はお急ぎモード30分。洗剤は下記参照)

 

購入当時は素肌に切るとほんの些細ではありますが

チクチク感があったものの、生地が柔らかくなったためか素肌に直接着ても

チクチクせずにとても快適になりました。

愛する人に抱擁されているかのような

「温もりのある・包み込まれるような感覚」で、

思わずいびきをかいて眠ってしまいそうになります。

 

 

 

畳んでみると、洗濯機で洗っても生地の厚みは損なわれていないようです。

しっかりとふわっとした厚みがあります。それはまるで毛布のよう。

NGとされているスチームアイロンを

かるーくあててあげる事で、一層生地のボリューム感が増してくれます。

あくまで自己責任ですが、

スチームを当てるくらいの加減でアイロンをかけてあげるといいです。

 

 

首元がゆるみがちなセーターですが

このカシミアセーターに関しては洗濯ネットに入れただけですが

全く首がゆるんでいません。むしろ同社のコットンニットの方が首元の

劣化が早いように思います。

 



 

 

生地も痛みは少しある。


 

生地についてですが、先述の通り油分が抜けてフカフカになったため

全体的に品のあるふわりとした見た目の毛羽立ちが発生しています。

まるで大切に使い込んだかのような風合いが出てくれたのでその点とても嬉しく思っています。

 

 

毛玉はないものの、脇や腕などの摩擦が生じる箇所は

毛羽立ちが他より激しく出ています。

しかしこれは着方や合わせる服装の素材の問題であって「洗濯機に入れたから」という

訳ではないと思われます。

 

しかし洗濯機での洗うことのデメリットが”生地に関して”一つございます。

それは生地の抜け毛。

 

油分が抜けたり毛羽ができたり洗濯槽内で他の洗濯物との摩擦が濡れた状態で起きるため

何度も洗濯をしたこのセーターは細かなホコリのような毛が抜けるようになりました。

よってセーターの上に羽織っていたジャケットの襟元や脇などの摩擦が起きる箇所に

少し紫の毛がついていることがありました。

ですがゴソッと抜け毛がある訳ではありませんから、さほど気にすることもないかもしれません。

 

毛玉ができる確率を減らすため、洋服ブラシでのケアはぜひ行ってください。

ドライクリーニングに行かなくて済む分、せめてこのくらいのケアはしてあげてください^^

 

オススメのブラシと洗剤はコチラ。

 

 

 

洗剤はニットの戦場に強いエマールで!

高い洗剤でなくてもいいんです^^

 

 

検証結果。


 

一年間、タブーに則った洗濯をしてまいりましたが

抜け毛が少し出ることを除けば、風合いが増して色落ちもほとんどしない

より着心地の良いセーターに育ったように感じます。

 

抜け毛といえど少しずつは生地へのダメージがありますので、あくまで自己責任ではありますが

ドライクリーニングに頻繁に行けないだとか、気軽にカシミアを楽しみたいだとか

そのようにお考えの方々には、なかなかオススメの方法であります。

 

気になった方は是非。

 

 

今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 



 

 

コメントを残す