VOL.264【下駄とスニーカーが合体!?】ハシモトオススメ夏ファッション10選!

もうすぐ夏休み。皆様は週末やお盆休みのご予定はもうお決まりですか?今から休日を楽しみにされている方も多いことでしょう。ちなみに予定のある方、その時にどんな格好で過ごすかは決まっていますか?適当にくたびれた普段着で過ごすのか、はたまた気合を入れて夏物を新調するのか。これによってその楽しみは”より大きく、より豊かなもの”になってきます。今回はそんな楽しい夏のお休みに向けて、それらをよりよくサポートしてくれる10アイテムをご紹介致します。ぜひお買い物の参考に。

 

 

 

① 夏のシャツはリネンのオープンカラーシャツで決まり!


 

 

まずはこちらのオープンカラーシャツ。

こちらはイタリアのCAPRI (カプリ)というシャツメーカーのオープンカラーシャツで

素材には夏の代名詞であるリネンが使われています。

近年流行のオープンカラーシャツですが、今年も人気が続いています。

素肌に一枚でサラッときて腕にはブレスレットと時計を。

リネン特有のシワや光沢感を楽しむのがオススメです。

ちなみにこのブランドではブルーやネイビーなど色数も幅広く展開されていますし

ただいまセール中で買いやすくなっていますのでオススメ

使いやすいので一枚持っておきたいアイテムです。イタリアの風を感じたい方にぜひ。

 

 

② 夏祭りだってラクしたい!下駄とスニーカーが合体!?


 

 

次にご紹介するのがコチラのHANAO SHOES (鼻緒シューズ)です。

夏といえば夏祭り、浴衣を着る季節ですよね。でも浴衣に合わせる下駄って履き慣れていないから

こういった時にたまに履くと靴擦れをしてしまいます。

でも浴衣に普段の靴を合わせるのはちょっと・・・

そんな時に優秀なのがこのHANAO SHOES (鼻緒シューズ)

VANSのスニーカーような形状の靴のアッパーに

下駄の鼻緒と呼ばれる指を固定する箇所を組み合わせたなんとも斬新なデザインが魅力です。

レディースメインの展開かと思いきやメンズでも履けるデザインやサイズ展開もあるようなので

彼女や奥様とお揃いなんてのもいいかもしれません。国産で丁寧な作りなので値は張りますが

長く愛用できるアイテムだと思いますので気になる方はコチラよりお求めください。

 

 

 

 

③ 明るい色のミラーサングラスで海に出かけよう。


 

 

次のオススメは夏の大定番、サングラス。

このブログでも過去に紹介したことがあるのですが改めて。

サングラスは様々なフレームの形やレンズの色などがございますが、

今年ぜひトライしていただきたいのがミラーレンズのサングラスです。

一時期爆発的に流行したミラーレンズがここ数年で復活の兆し。以前に流行った時には

チャラついた印象だったのが今風にアップデートされて使いやすく蘇りました。

これなら海はもちろんタウンユースでもガンガン使えます。

目元から入る紫外線はシミなどの肌トラブルにも大きく関わります。楽しく未然に防ぎましょう。

 

 

 

 

④ バスローブに包まれているような感覚! パイルポロシャツ


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【SALE】altea(アルテア) コットン パイル ポロ 1855105
価格:11340円(税込、送料無料) (2019/7/9時点)

楽天で購入

 

 

 

次に紹介しますのはタオルようなパイル生地を使用したパイルポロです。

夏の大定番といえばポロシャツが筆頭ですが、鹿の子ばかりじゃ飽きがきてしまいます。

そこでオススメなのがパイルポロ。吸水性がいいので汗もヘッチャラ、少し大きめのサイズのを

ガバッと着て川や海に出かければ、それだけでリラックスできます。

鹿の子と違い”オジサンくさく”見えづらく、周囲に優しそうな印象を与えてくれるのがGOODです!

まるでバスローブに包まれているような安心感。色や襟の形も様々なものがありますのでお好みで。

 

 

⑤ キャロットパンツでゆったりリラックス〜!


 

 

 

トップスだけじゃなくてボトムも夏らしくアップデート!

ウールリネンやシアサッカーなどのワイドパンツで

ベタつきを解消しゆったりと風を感じながら履きこなすのが素敵だと思います。

特にキャロットパンツと呼ばれるシルエットのパンツは、腰回りにゆとりがあるのに

足先はテーパード以上にシュッと細くなっているのでリラックスと脚長効果とを

両者を得ることができる万能パンツです。

ホワイトベースにネイビーやブラウンのストライプが入ったものも今の時期はオススメです。

 

 

⑥ 素足で履くなら断然これ!


 

 

夏には素足で靴を履きたくなりますが

スニーカーやローファでは汗ばんでしまってあまり心地よくないし

なんだか不潔に見えてしまう。そんな時には上記の2種類がオススメ。

手前の靴はRivieras (リビエラ)という、メッシュ素材のスリッポンを手がけているメーカーで、

気温に応じたファブリックや中張り選びで、夏はもちろん春や秋にも楽しめるような

バリエーションが豊富に揃っています。メッシュなので通気性はバツグン。

汗を掻くことなく素足で夏を満喫できます。私はほぼ毎年買い足して楽しんでいます。

 

写真奥の靴はエスパドリーユと呼ばれるヨーロッパ発の夏の定番靴です。

ジュートと呼ばれるツナソの茎からとった繊維を編み込んで

中敷やコバ部分にあしらわれているため、見た目もよりリゾートらしく

履き心地もシャリシャリとしていて何とも心地が良いです。

様々なメーカーがセレクトショップなどを通じて販売しておりますが

個人的なオススメはGAIMO (ガイモ)というスペインのメーカーです。

他のメーカーと違って踵に少しヒールがあるので足が疲れにくいのです。(ソールは天然ゴム)

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リビエラ スリッポン クラシック 20° メンズ メッシュ キャンバス
価格:5580円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

⑦ サファリジャケットが今期以降の夏の新定番。


次にオススメするのはアウター。

Barbour (バブアー)のリネンのサファリジャケットです。

色味も実にBarbour (バブアー)らしい独特なもの。美しいです。

今年から来年にかけて、コロニアルやサファリなどの土臭いテーマが

再注目されていて、かつそれを現代的・着やすくアップデートされたアイテムたちが

数多くのブランドで展開されています。中でもオススメなのがコレ。

Tシャツやグルカパンツ、バンダナなどと合わせてラフに着こなしたいところです。

(実は購入済みなので近いうちに記事にしたいと思います)

 

 

⑧ ビアガーデンでも安心!感動パンツ。


 

 

夏は何かと飲み会や集まりも多い。。。

そんな時、食べ過ぎたお腹に優しいストレッチの効いたパンツは必須ですよね。

そんな時はUNIQLOにいいものがありますよ^^

その名も感動パンツ。クリースのしっかり入った綺麗な形のスラックスなので

足を綺麗に見せてくれますしビジネスでも使えちゃうのが魅力です。

何より食べ過ぎても苦しくないとってもラクに履けるのがイイですね。

ショートパンツもありますので合わせて試していただきたいところです。

 

 

⑨ 夏だって乾燥する!肌ケアだってファッションです!


 

 

 

冬は乾燥の季節ですが、夏だって乾燥しやすいんです。

特に夏は海に行ったり日焼けをしたりしますから肌は傷みやすいです。

そんな時にはこの化粧水を。スプレータイプなので気になった時にカバンから取り出し

シューっとスプレーするだけでカンタン保湿。いちいち液体の化粧水を手にとって

肌に馴染ませる必要がありませんし、きめ細かい霧状のスプレーなので

肌全体に満遍なく吹きかけることができます。とってもオススメです。

 

 

 

⑩ 夏はリネンスーツが良い!


 

 

最後にオススメしたいのがリネンスーツです。

通気性や速乾性も良く、シワや風合いを味わえるリネン。

夏の日差しに照らされてキラキラと光るサマは他の素材では替えが効かない

まさにリネンならではの醍醐味です。

それをスーツで愉しむ。クールビズが良しとされる昨今とは相反しておりますが

リネンのスーツを夏に身にまとうというのは大変贅沢なことだと思います。

季節の食材を味わったり季節の行事を愉しむことと同じように。

 

ひと度リネンスーツを身にまとえば、その快適さと心地よさに驚かれることと思います。

とはいえ着たことのない方も多いはず。今年の夏は是非チャレンジしてみてください。

銀行員などのカジュアルな素材のスーツを着られない方は休日のスーツスタイルとして

取り入れてみると気分が変わると思います。

 

 

最後に。


 

いかがでしたか?

ハシモトがこの夏オススメする(一部欲しいモノも混じっていたような・・・)

ファッションアイテム10選

 

毎日、短パンTシャツではメリハリがなくて味気がない。

せっかくの夏です。

マンネリにならないためにも、ひとつかふたつで良いので

新しいアイテムを取り入れて暑さに負けないステキ毎日を作っていきましょう!

 

今回はこの辺で。

また次回お逢い致しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す