VOL.251【ENTRE AMIS】春夏スラックスは爽やかなライトグレーを!

 

どうも、ハシモトです。

ここ数日、新入社員と思わしき方々が街中を

キョロキョロと不安そうに歩いている姿を見かけます。

私にもそんな頃があったなぁとなんだか心が温かくなりました。

彼らには仕事とともに、ぜひ服装にも気を使っていただき

これからの長い社会人生活を

自信を持って楽しんでいただきたいものです。

 

さて、今回は春夏に1本持っておくと大変重宝する

スラックスのご紹介です。

 

 

色はライトグレーで決まり!!


 

今回ご紹介するのは

イタリアのパンツブランド、ENTRE AMIS(アントレアミ)

ライトグレーのスラックスです。

当ブログには何度か、着こなしの写真で登場したことはありましたが

きちんとご紹介をしたことがなかったので、今回は細部もご紹介してまいります。

 

お色はライトグレーで非常に爽やか。

暑い日にも暑苦しさを感じさせない、かつ様々な色のアイテムとも合わせやすい

持っておいて損はない有能アイテムです。

 

生地は通気性の良いトロピカルウールを使用。

薄手で少しざらりとした手触りが特徴です。

 

プリーツが2つ入って腰元にゆとりがあるのですが

テーパードが少し効いているのでシルエットが

ボテっとなり過ぎずにとてもキレイです。

 

裾はくるぶし丈のダブルに仕上げて、革靴だけでなく

スリッポンのスニーカーやエスパドリーユなどとも

組み合わせやすいように直しています。

 

裏地はホワイト。

柔らかいガーゼのような心地よい肌触りです。

 

ウエストはベルトループを使用した固定も可能ですが、

フロント箇所がエクステンデッドウエストバンドと呼ばれる

左側の生地が長く設計されていて、それをボタンでとめるという仕様になっていますので

ベルトを通さずともウエストがフィットして入ればパンツが落ちてこないようにされています。

(左側の長い生地の裏にフックが備わっているタイプもございます。)

ボタンは明るいアメ色でキレイですね。

こちらも実に春夏らしい仕様です。

 

 

 

では次に、手持ちの服との

組み合わせについて考えてまいりましょう。

 

 

 

着こなしについて考える。


ジャケット:ERRICO FORMICOLA(エリコフォルミコラ)

シャツ:ESTNATION(エストネーション)

サングラス:Ray-Ban(レイバン)

 

まずはスーツのリネンジャケットとの組み合わせ。

こちらはシャツもリネン素材、パンツはトロピカルウールと

全身通気性バリバリの着こなしです。これなら暑い日でも楽しめます。

 

 


 

ジャケット:TAGLIATORE (タリアトーレ)

タブカラーシャツ:人吉シャツ

ネクタイ:Nicky (ニッキー)

チーフ:TIE YOUR TIE (タイユアタイ)

 

 

次はネイビージャケットとの組み合わせ。

ホップサック生地の涼しいジャケットや

シアサッカーのネクタイと合わせて先ほど同様通気性抜群です。

シャツは今回はジャケットとの色を合わせてブルーのシャツを選びましたが、

ライトグレーのこのスラックスに色を寄せて、

ホワイトのシャツと合わせても素敵だと思います。

 

 


 

ジャケット:BOGLIOLI(ボリオリ)

カットソー:SAINT JAMES (セントジェームス)

バンダナ:HAVANA(ハバナ)

 

最後はベージュのジャケットとカットソーを合わせた

先ほどまでとは違ったカジュアルなスタイル。

今回はベージュやオリーブグリーン、ブラウンなどの

コロニアルなカラーで全体をまとめてみました。

 

ブラウン、ネイビー、さらにはベージュやオリーブまで・・・

ライトグレーがいかに使いやすい色なのかが良く分かりますね。

 

 

 

最後に。


 

ということで今回は

春夏に使えるライトグレーのスラックスについてご紹介いたしました。

グレーのスラックスを持っていない方は、ぜひ一本手に入れてみてください。

着こなしの幅がうんと広がりますよ^^?

カジュアルウエアではGジャンやサマーニット、ポロシャツと合わせても素敵ですから。

 

では、今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 

 

コメントを残す