VOL.227【感謝祭】UNIQLOのカシミアセーターってどうなの?購入してみた。

 

どうも、ハシモトです。

今回は毎年の恒例行事となっております

UNIQLO感謝祭にて購入したアイテムをご紹介いたします。

(厳密には感謝祭価格にアイテムを購入したわけげはございません・・・詳細は後ほど)

 

繊維の宝石、カシミアのセーター


 

今回購入したのは、カシミアクルーネックセーターのパープルです。

今年の感謝祭ではメンズのカシミアニットが7,990円+税で販売されておりますが、

こちらの色味のものは昨シーズンのものなので、なんと5,990円+税にて購入しました。

今年のモデルにはパープルがありませんし、オンラインストアにも在庫がありませんので

この色のものが欲しい方は実店舗で、宝探しをしてみてください。

 

このパープルのセーターはよく見ると

ワイン色のような赤っぽい色が混ざっていてケミカルすぎない色味なので

着馴染みしやすい落ち着いた雰囲気となっています。

 

UNIQLOのカシミアについては、以前から

「大量生産・一貫した工程で作られているから、これほどの低価格が実現している」とか

「毛足の短い質の悪いカシミアを集めて作られている」だとか様々な説が囁かれていますが

私自身、UNIQLOに問い合わせたことはありませんし、

世の中のカシミアに精通しているわけでもありませんので

触り心地などの”着ていてどうなのか”という点についてのみ綴ってまいります。

 

 

着用してみてどうだったか。


 

感謝祭開催中だったため、試着はできませんでしたが、

購入後に自宅で着てみました。

するとちっともチクチクしない。

私はどちらかというと敏感肌な方なので、かなりチクチクには過敏なのですが

このセーターは全然それを感じません。

返品することはまずありませんので、素肌の上にも着てみたのですが

それでもとろとろとしていて、この価格帯としては大変着心地が良かったです。

これなら肌寒い春先に素肌の上に着ても良さそうです。

 

 

私は高いカシミアニットと安いカシミアマフラーも所持

しておりますのでそれらと比べてみました。

 

もちろん高いもの(18万円くらい)には”トロフワ感”は及びませんでしたが

2万5千円くらいのカシミアニットと比べると、ほとんど差がないように感じました。

これはUNIQLOの企業努力の賜物なのでしょうね。

 

安いカシミアマフラー(3,000円くらい)のものとは比べモノになりません。

このカシミアは手で触るぶんには気持ちが良いですが、

首に巻くとチクチクとして、長く巻いていることができません。

これはまさしく、上記に述べた「毛足の短い繊維の集合体」で作られた

質の悪いカシミアなのでしょうね。

 

最強のカシミアニットについての記事はこちら。

VOL.150 ついに150記事!気が早いけどカシミアブルゾンの着こなしについて考える。晩秋はミルクティー色を着よう!

 

 

着こなしについて考える。


 

さて、触り心地は抜群だったので

着こなしについても考えてみたいと思います。

ジャケット:CARUSO(カルーゾ)

チーフ:BREUER(ブリューワー)

ボトムス:INCOTEX(インコテックス)

 

紫にはベージュやブラウンなどの土色寄りのアースカラーや

ブラックやホワイト、グレーなどの彩度がない色との相性が良いと思います。

パープルそのものが色味が強いので他にカラフルな色を使うことは

避けたほうがいいと思います。全体が喧嘩してしまうので。

(ちなみにこのジャケットもカシミア素材なので上半身がとろけてしまいそうです。)

 


 

コート:CARUSO(カルーゾ)

シャツ:BROOKS BROTHERS(ブルックス ブラザーズ)

ボトムス:PT01(ピーティゼロウーノ)

 

こちらも上半身はベージュで色味を抑え、

ボトムは起毛感のある濃いグレーを合わせてみました。

より一層カジュアルさを増したいのなら、

ホワイトデニムと合わせても面白そうです。

 

 

 

最後に。


 

ということで今回は

感謝祭開催中のUNIQLOで購入しました

カシミアクルーネックセーターについてご紹介いたしました。

毎年購入するか悩んでいる方は、ぜひ思い切って

自分へのご褒美に購入してみてはいかがでしょうか?

きっとこの冬が楽しくなりますよ^^?

 

また、私が購入したように、昨シーズンのものであれば、より安価

購入できますので、興味がある方は在庫がある今のうちにぜひ。

 

 

 

去年の感謝祭記事はこちら。

(エクストラファインメリノウールセーターについて触れております)

VOL.166 ユニクロ感謝祭と無印良品週間で買ったモノトーンなアイテムたち。

 

 

コメントを残す