VOL.213 夏は太陽マークを着たくなる! GIANNETTO(ジャンネット)のシャツの着こなしを考える。

どうも、ハシモトです。

そろそろ梅雨明け、いかがお過ごしでしょうか。

ジメジメは嫌ですが、夏はすぐそこ

もうひと踏ん張りです。

 

さて、今回はそんな梅雨が明けたらやってくる

暑い夏にオススメのシャツのご紹介です。

 

 

その名はGIANNETTO (ジャンネット)


 

それがこちらの GIANNETTO(ジャンネット)

ストライプシャツです。

このブランドは2008年に、イタリアのカミチェリア・サンフォート社が

発足させた割と新しいブランドで、国内でもここ数年で一気に人気が出ている

注目のブランドです。ハンドメイドの行程もあるらしいのですが、

その割にはコスパが良くて買いやすいです。(Finamoreよりやや安めです)

国内ではイタリアインポートでお馴染みの豊田貿易が取り扱っています。

 

様々な生地、デザインのシャツがありますが、写真のモデルは

BEAMSの別注モデルで、当時セールということもあってか16,000円ほどで購入できたと思います。

素材はコットン、薄手の清涼感あるインディゴカラーの生地です。

 

このシャツ、購入時に当ブログで紹介済なのですが、

その際には詳細や着こなしについては説明していませんでしたので

今回はそのあたりも付け加えてご紹介させていただきます。

 

 

このブランドの最たる特徴。


 

Lardini(ラルディーニ)と言えば花、

TAGLIATORE(タリアトーレ)と言えばシルクハットというように

このブランドにもトレードマークがあります。

 

それがこの太陽マークの刺繍。

シャツの第2ボタンを開けると現れます。

ちょっとした箇所に遊び心を取り入れる、まさにイタリアブランドと言ったところです。

 

ガゼットにも太陽マーク。

 

GIANNETTOはシャツ以外にもパンツや

シャツ生地を使用したシャツジャケットなども製造し

人気を博していますが、どれもこの太陽マークが入っています。

(ショートパンツは裾など、シャツジャケットはブートニエールとして付属しています)

 

ただのストライプではない!


 

このシャツのストライプ、プリントではないんです。

よーく見てみると、ホラ。

 

染色した美しい糸の織りとなっているんです。

よって少しばかり凹凸感が出て、

遠くから見た時にその凹凸が涼しげな雰囲気を演出してくれます。

 

シャツの生地もややムラのあるインディゴ染めで

洗うほどに味わいが増します。

購入しておよそ2年経ち、

少しずついい雰囲気になってきました。

これからもじっくり観察したいところです。

 

(ちなみにこのシャツは他のアイテムへの色移りしませんでした。有能!)

 

ボタンは鳥足。


ボタンは鳥足。

イタリアブランドのボタン掛けと言えばコレですよね。

縫い付けに使用されている糸の色味も大変美しいです。

ボタンが貝ボタンなのは何と無くわかるのですが、

一体なんという種類の貝なのでしょうかね。そこまでは分かりかねます。

 

 

着こなしについて考えてみる。


 

それでは着こなしを考えてまいりましょう。

このようなネイビーの刺繍が入ったストライプシャツというのは

アクセントが強いのでそれ以外のアイテムは柄感を抑えて

組み合わせたいものです。参考になるか分かりませんがどうぞ。

 

ジャケット:TAGLIATORE(タリアトーレ)

ボトムス:BROOKS BROTHERS( ブルックス ブラザーズ)

靴:GAIMO(ガイモ)

時計:Orobianco(オロビアンコ)

ブレスレット:PAOLO VITALE( パオロヴィターレ)

チーフ:BREUER(ブリューワー)

 

まずはジャケットと。

リネンジャケットやショートパンツ、エスパドリーユなど

夏を代表するアイテムたちでまとめることで

このダークトーンのシャツも夏らしく着こなすことができるかと思います。

 

 


 

ボトムス:G.T.A(ジーティーアー)

靴:POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)

ベルト:BROOKS BROTHERS(ブルックス ブラザーズ)

サングラス:Ray-Ban(レイバン)

 

こちらは夏のシャツ1枚スタイル。

日焼けをして、袖をしっかりまくって着こなすのがいいでしょう。

私、そろそろ日焼けサロンに行こうかと考えています。

海で焼けるのもいいけれど、まずは下地作りです!

 

 

もちろん秋でも着れます!


このシャツはコットン素材なので

夏だけでなく、通年通して楽しむことができる万能アイテム。

ついでにひとつ秋の着こなしもご提案。

 

ジャケット:CARUSO(カルーゾ)

ボトムス:G.T.A(ジーティーアー)

靴:Clarks(クラークス)

 

全身アズーロ・エ・マローネ。

ネイビーとブラウンの組み合わせです。

やはりシャツ以外は柄を入れないのが万策でしょう。

 

しかしどうしても柄物と合わせたいのなら、

このような大柄のチェックと合わせれはいかがでしょうか。

ジャケット:TAGLIATORE(タリアトーレ)

ボトムス:PT01(ピーティゼロウーノ)

チーフ:Altea(アルテア)

 

 

最後に。


 

ということで今回は

GIANNETTO(ジャンネット)

BEAMS別注ストライプシャツのご紹介でした。

 

今年の夏も暑くなりそうですが、

一年中着られる薄手のアイテムをうまく活用し、

暑い夏でも涼しげな組み合わせを楽しまれてはいかがでしょうか。

GIANNETTO(ジャンネット)、大変オススメですので 今年のセールでぜひ。

 

では、今回はこの辺で。

また次回お逢い致しましょう。

 

 

 

コメントを残す