VOL.208 難易度が高くてなかなか履いていないINCOTEXのリネンスラックス!

 

どうも、ハシモトです。

今回は、愛用品でも購入品でもなく、

なかなか登場できない、いわゆる”タンスの肥やし”をご紹介いたします。

 

着る季節としてはそろそろいい頃合いなのですが

今年もまだ一度も履いておりません・・・。

それがコチラ。

 

INCOTEX(インコテックス)のリネンスラックス!


 

どうです? このビビットなピンク色。

リネン独特の風合いと色味が絶妙で、数年前に衝動買いしてしまいました。

当時はまだ、プリーツパンツではなく

細身のスラックスが全盛期だったため、プリーツも入っていなければ

作りも大変細身となっています。テーパードもほぼ効いていません。

THE・定番といった具合です。

 

 

横から見たシルエットがとても綺麗です。

また、裏地がネイビーのマイクロチェック柄で可愛らしい印象を受けます。

裾の処理は私個人の定番である”ダブルの4.5㎝”に直しております。

 

素材は先ほども申しましたようにリネンなのですが、

なかなか厚みのある生地なのでくしゃくしゃなシワは出にくいです。

どんどん履き込めば、波打つような柔らかい

凹凸シワができるのではと思われます。

 

 

着こなすならこんなのはいかが?


 

今の気分で組み合わせてみました。

 

ジャケット:TAGLIATORE(タリアトーレ)

シャツ:TOMORROWLAND(トゥモローランド)

 

ジャケットはリネン生地で、スラックスと同素材を合わせ、

シャツは通気性の良い鹿の子素材のシャツを選んでみました。

これなら暑い日でも蒸れることが少なく、快適に過ごせそうです。

 

靴は濃い色のブラウンの靴や白いスリッポンなどを合わせると

相性が良いかもしれません。

 

 

最後に。


 

さてさて、今回は大変簡潔ではありましたが

タンスの肥やしとなってしまっているINCOTEXのピンクのスラックスを

ご紹介してまいりました。

これ以上このスラックスの肥やし時間を増やさぬよう

また、肥やしアイテムを増やさぬように

今年から大切に着用して育てていきたいと思います。

 

皆様もタンスの肥やしにはご注意あれ。

では。

 

 

コメントを残す