VOL.199 ZOZOSUITSで計測した自分だけのZOZOジーンズが届いた!次世代ファストファッション!

 

どうも、ご無沙汰しております。

ハシモトでございます。

 

すっかり5月病にかかって更新が途絶えておりました当ブログですが

決して閉店したわけではございません。

しぶとくチョコチョコと更新を続けてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、前回のブログ記事で、私の手元にZOZOSUITS(ゾゾスーツ)が

ついに届いた!ということをお伝えしてまいりましたが

VOL.198【死ぬかと思った】ZOZOSUITが届いた!(計測編)

今回はその続き、ZOZOSUITSで計測した自分だけのマイサイズを基にした

ジーンズを購入しましたのでそちらのレビューをしてまいります。

ブランドはZOZO(ゾゾ)という、ZOZOTOWNのプライベートブランドでございます。

 

 

まずは細部を見てみる。


 

今回購入したのは洗いのかかった

スリムテーパードデニム/ダークインディゴブルーという商品です。

 

価格はなんと3,800円。

この価格でまるでオーダージーンズのようなフィット感を楽しめるのなら

きっとリピート買いなのでしょうね。

 

後ろはこんな具合。

 

バックポケットや全体のステッチの具合は

UNIQLOの方が好きな雰囲気だなと感じます。

ステッチがざっくりとしている分、少しチープに見えるかなと。

けれどこれは私が、もう少し細かいステッチが好みなだけなので特に

よくない点ということではありません。

生地はやや薄め。

最近は薄い生地感のジーンズが流行り始めているらしく(夏は暑いですしね)、

そういった流れを取り入れた作りなのか、はたまたこの価格帯での限界が

この薄さなのか。さてどちらでしょう。(後者かな・・・)

 

リベットにはなんとzozoの刻印が。

目を凝らさないと気づけないこだわり。

 

もしやと思い他の箇所も見てみると・・・

リベット裏には”プライベートブランドZOZO”のロゴマークが!

素敵です。

 

このジーンズはジッパーフライなのですが、

そこは安定のYKK。そして上部のボタンには

やはりzozoの刻印が。

 

 

なんでもこのジーンズのボタンにはバリエーションがあるらしく、

サイズの大きいジーンズを購入された方には大きいボタンが、

反対に小さいサイズのジーンズを購入された方には小さめのボタンが

つけられているのだそうです。

そんな細部まで全体のバランスを考えて作られているのですね。

この価格帯なのになんという気合の入れようでしょうか。

 

 

では、履いてみましょう。ZOZOSUITSの成果は?


ではでは、細部をある程度拝んだところで

履いてみることにしましょう。

 

ZOZOSUITSで計測したマイサイズで注文したジーンズの丈感や

フィット感はいかに!

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

なんか明らかに大きくないか?

ウエストガバガバだし、

 

股上もこーーーーーんなに余っている。

 

ベルトなしで着用できるほどぴったりなサイズ感と聞いていたのですが

これでは”3歩進んでジーンズ上げる”状態。

 

納品書を見てみると「ウエスト93センチ」という表記が!

 

そんなにウエスト太くないよ〜!

 

ZOZOSUITS の計測が間違っていたのか、

アメリカのピザ大好き野郎のジーンズが誤って届いてしまったのか、

どちらか定かではありませんが

この夢のようなジーンズはやむなく返品となりました・・・。

 

けれど他のレビュワーの方々はきちんとフィットしたジーンズやTシャツが

届いている模様なのでZOZOTOWNが悪いということではありません。

きっと私の計測ミスなのですから・・・。

 

でもなぁ、またあの苦しい思いをして計測する気にはなれないなぁ。

マイサイズを知りたいのに面倒臭がるハシモトなのでした。

 

 

P.S

このジーンズの使用はとっても素敵なのでおすすめですよ。

でも古着屋アメカジが好きな方からすると生地が薄すぎると感じるかも。

 

 

 

 

コメントを残す