VOL.194 シャツの脇の色移り発生!犯人は誰だ?

どうも、ハシモトです。

本日はやや遅い時間の更新となります。

実は本日は私が大好きなミュージシャン

”大橋トリオ”さんのライブコンサートの日でして、

つい先ほどまでその音に酔いしれておりました。

 

 

素敵なデザインのTシャツも購入できて大満足。

これで明日から頑張ろ・・・・

 

・・・・・・と思って帰宅したのち

私はとある大事件に巻き込まれてしまったのです。

 

色が!


問題となったのはこのシャツ。

年中愛用しているGiannetto(ジャンネット)の織り柄のある白シャツです。

 

ライブから帰宅後、洗っておいた

このシャツを写真のように丁寧にたたんで棚に収納しようとしていたその時!

 

私は見つけてしまったのです・・・。

 

 

 

色移りを!!

 

 

なんということでしょう。ネイビーと思われる色が

シャツの脇部分に付着しているではありませんか。

 

反対は・・・。

 

 

!!!

 

 

なんということ・・・。

コチラは余計にひどいではありませんか!

これは大至急シミ抜き治療が必要です。

しばらく入院させなくては。

 

 

それにしてもこれまではそんな大胆な色移りはなかったのに

何故なのでしょうか。

もちろん脇汗と摩擦の関係もあるでしょうが、

このシャツは織り柄があり厚手なので色移りがしやすいのでしょうか。

 

 

これは困った。

一体犯人はどこのどいつなのか。

犠牲者が増える前に犯人を突き止めておかねばなるまい!!

 

 

犯人探し。


 

早速犯人探し!

最近ジャケット以外の羽織り物は着ていないはずなので

絞られる犯人はジャケット3着。

 

お前か?ORIAN!

 

 

いや、しっかりと裏地がある。

それにこの素材はどう考えても色移りするウール素材ではない。

疑ってすまない。

 

それじゃあ・・・。

 

お前か??

彼はリネンコットン素材のホップサック織りのジャケット。

裏地がなければこのジャケットの可能性がかなり高い。

私はそう睨んでいた。

 

いざ確認!!

 

あれ?裏地がある。

裏地があるのならあの位置に色が移る事はないはず。

彼でもないとなると・・・嘘だろ・・・。まさか・・・・・・。

 

 

 

 

そんな事はないですよね?

TAGLIATORE(タリアトーレ)先輩!

私のワードローブの中で最も年長者のあなたが色移りの犯人だというのですか?

 

 

 

!!!!!!!!

 

 

なんという事だ。

彼の裏地は袖部分のみで、

肝心な脇部分にはキュプラが張られていないではありませんか!

それにやや毛羽立ちもある!

 

あなたともあろうお方がどうしてこんな事を・・・。

これまではどんなに着込んでも色が移ったことなんてなかったではありませんか。

 

 

 


 

こうして犯人が見つかりこの事件は幕を閉じたのであったが、

私の心はなんだか複雑であった・・・。

まるで旧友に裏切られたかのように。

 

 

 

最後に一言。


 

人間関係にも好き嫌いがあるように

洋服同士にも相性があるのですね・・・。

勉強になりました。

 

皆様も色落ちにはくれぐれもお気をつけて。

 

では。

 

 

 

 

 

コメントを残す