VOL.187【雑談】もうそろそろ、春の支度をしましょうか。

 

皆様、ご無沙汰しております。

ハシモトでございます。

 

ここ最近は購入品紹介が主となっていたこのブログですが、

さすがに買いすぎたかなと反省し、

しばらくは手持ちをどのように楽しむかに重点を置いて

生活およびブログ更新をしていきたいと思います。

 

先月の局地的な大雪が嘘のように

少しずつ気温が上がって、次の木曜日には”春一番”が吹くらしいです。

これで今回の冬もひと段落といったところでしょうか。

今回の大雪で大きな被害が出た

福井や石川でも、現在では流通や交通網はかなり回復したようで

私はそこらに住んでいるわけではないのですが、なんだかホッとしております。

 

さて、来週から一気に春の兆しが来るということは

”春の装いへチェンジする”ということでもありますね。

みなさまは春服を新調したり、衣替えをしたりされましたか?

 

私は特に買い足すものはないかと思いますので

ときめくものに出会うまではしばし買い物とはお別れです。

それに私はS/SもA/Wもひとまとめに収納しているので

特に衣替えというのは必要がありません。

 

しかしながら「どんな服装をしようか」と

今からワクワクしていることは確かです。

とはいえネイビー中心のコーディネートになりそうですが・・・。

いや、思い切って春ですから明るい色で攻めてみようかな・・・。

 

 

今年も安心して使える愛用品たち。


 

さて、服装に関してももちろんそうですが、

”良いものを永く大切にする”という考えが

私のポリシーであるということは散々このブログでもお話ししております。

 

この春も、昨シーズンはおろか

ずっと長きに渡り愛用している大切なアイテムたちが

多く存在します。

 

今年の春もそれらを使って服装を楽しむつもりでいるのですが、

それらはそんなアイテムたちなのか、少し過去を遡りながら

紹介することにしましょう。

 

まずはニット。

カシミアのニットももちろん使用していくつもりですが、

重ね着でも1枚でもさらりと様になるこのニットを多用すると思います。

VOL.87【私の愛用品】ミニマリストの鉄板アイテムはボーダー!Letroyesのコットンニット

Letroyes(ルトロワ)のコットンニットは本当に優秀で

細いゲージで編まれているのに首回りは伸びづらく

毎年この時期になるとよくよく着ています。

合わせるならシンプルにカットソーの上に着て

下は淡い色のジーンズで充分かと思います。

食事に行くときはそこにネイビージャケットを。

 

 

次はジャケット。

VOL.105【私の愛用品】春から秋まで!TAGLIATOREのリネンジャケット

買えるLEONで買ってみた。〜YANUKのGジャン編〜

 

特に使いそうなのはリネン素材の軽やかな

TAGLIATORE(タリアトーレ)のジャケットか

YANUK(ヤヌーク)のデニムジャケットですかね。

 

春とはいえちょっと動くと暑く感じたりしますから

リネンやコットンリネン、サマーカシミアなどの

涼しげな素材感なのがマストかと思います。

 

デニムジャケットに関しては定番中の定番なので皆様も

きっと着ることでしょう。

合わせるアイテムを選ばないので便利ですもんね。

 

 

最後は靴。

RED WINGのメンテナンス

 

皆様ご存知のRED WING(レッドウイング)の875です。

私は真夏にはこれを履かないのですが

それ以外のシーズンにはよくよく履いています。

そして何故だか、1年の中で春に途端に履きたくなります。

 

きっとこれを履いて青々とした自然がある場所に出かけるのが

とても楽しいからなのでしょう。

そろそろブラッシングとミンクオイルを塗ってあげないといけません。

履いた後や履かない間はもちろんですが、履く前のメンテナンスは

靴の最新の状態を確認し、安全に歩き楽しむためにとても大切です。

次の休みにでもメンテしようかな。

 

 

最後に。


 

さて、今回は春の装いをどうしようかと

のんびりと考えてまいりました。

もちろん上記のアイテム以外にもグレーのスラックスや

カシミアシルクのカーディガン(カーディガンは今季の流行り)など

愛用するアイテムたちは無数にありますが今回は少しだけ紹介いたしました。

 

皆様は春に買い足したい、あるいは毎年大切に着ているアイテムはありますか?

もしあれば教えていただきたいものです。

お互いそれらを着て、もうすぐにやって来る春を

大いに楽しみましょうね。

 

それでは今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

では。

 

 

コメントを残す