VOL.181【雑談】そういえば、UNIQLOのジーンズの色落ちってどうなった?

 

どうも、ハシモトです。

今回は一昨年購入したUNIQLOのセルヴィッチジーンズの

色落ちのご報告記事でございます。

購入して約1年3ヶ月、150回くらい履きました。

 

大した日数ではありませんし、外仕事で履いたわけでもありませんが

少しずつ色落ちし始めているのでそのことを綴ってまいります。

 

全貌はこのように。

 

 

まずはその全貌を。

インディゴの色味はそのままに擦れるところだけ色落ちしたと言った具合です。

洗濯は数回行っております。

全体の色が薄くなったとはあまり言えませんが

購入時のような濃紺よりは優しい風合いになったとも感じられます。

生地もとても柔らかくなりました。

 

また、このジーンズはストレッチ素材なため、膝の伸びが気になるところです。

しかしながら履いていて目立つようなことはありません。

私はこのブログで何度も「ポリウレタンは加水分解するから大嫌いだ」と述べているように

本当はコレもコットン100%がよかったのですが、UNIQLOですから金額がさほど高くありませんし、

「まあ履きつぶしてもいいかな」と思い

履き心地としてはコットン100%より滑らかで優れているストレッチジーンズに手を染めました・・・。

 

 

 

 

購入時の記事はコチラ。

UNIQLOのセルビッチジーンズを購入

 

 

先ほど書きましたように擦れる場所の色落ちが激しいです。

ジッパーフライ箇所であったり手やスマホを入れるポケットのフチであったり。

また、ベルトループにも色落ちが見られます。

思っていたよりもずっといい色落ちです。

 

 

裾は面倒臭がって「叩き上げでいいですよ〜」と言って補正したのでそこまでの変化や味わいは見られません。

もっとアタリが出ると良いのですが、これ以上雰囲気が良くなることはないでしょう。

やはりチェーンステッチにすればよかったですね・・・。

 

 

膝には一箇所目立つ色落ちが。

先日何気ない数センチの段差で転んでできた擦れによる色落ちです。

痛かったなぁ・・・。

あんな僅かな段差で転んでしまうとは私も歳をとったものです・・・。

 

 

 

バックはこのように。

財布を入れる右後ろのポケットの色落ちが目立ちますが、

そのほかには目立ったあたりはない模様。

膝裏のハチノスもまだまだ履き込む必要がありそうです。

 

 

 

正式名称がわかりませんが、

このつなぎ目の記事が重なっている箇所は流石の色落ち。

真っ白になりつつあります。

こうしてみると全体的にかなりばらつきのある色落ちの仕方ですね。

 

 

 

 

最後に。

 

ということで今回は150回ほど履いてきたジーンズの色落ちの報告を

綴ってまいりました。

この状態ではまだまだいい色落ちとは言えないので

さらにガシガシと履き込んで「UNIQLOのくせに生意気な」と言われるような

風合い作りに努めてまいります。

 

また機会があればこのブログでもご報告したいと思いますので

ぜひ見届けていただければと思います。

 

 

それでは今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

では。

 

VOL.97 UNIQLOのセルヴィッチジーンズは半年でどう色落ちしたか。

 

 

 

コメントを残す