VOL.179 LUIGI BORRELLIのヴィンテージ調のタイを購入!大剣幅がやや広めです!

 

皆様、どうもこんばんは。

こんにちはの方はこんにちは。

ハシモトでございます。

 

年末年始はたくさんの方にこのブログに遊びに来ていただき、

大変嬉しく思っております。ありがとうございます。

おヒマな時にでもまたいらしてください。

 

さて、今回は昨年末にこっそり購入しておりましたネクタイ(以下、タイ)のご紹介です。

それが写真にありますLUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)のタイです。

枯れ葉色のようなくすみ感のあるグリーンの白いドット柄、

その中にもさらにオレンジをはじめとする様々な色が織り合わされており

なんとも言えない深みのある表情をしています。

 

 

現在主流とされているタイより大剣の幅が1㎝ほど広いので

おそらく数年前のモデルと思われますが、

安かったという点と先ほど述べた色味に一目惚れして購入へと至りました。

確かアウトレットにて7000円ほどだったかと思います。

 

 

 

私はかつて美術部にて絵を描いておりました。

その時に、例えば森を描こうとした場合、

緑や茶色だけで構成するのではなくあえてピンクやオレンジ、ネイビーなどを

アクセントとして加えることで絵に深みと表情が出ることを教わりました。

 

このタイはまさにそのような色味と組み合わせ。

まるで絵画や風景画のような美しいタイだと思います。

 

白シャツもいいけれど。

 

 

カーキやネイビーのスーツやジャケットに相性がいいと思うこのタイですが、

シャツは白以外でも良さそうです。

セミワイドのサックスブルーでも良いですし、

 

 

同系色でまとめても素敵かと思います。

 

もしくは白青(または白茶)のラウンドカラーのクレリックシャツでも

可愛らしくて良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

最後に。

 

ということで短めではございますが

今回はLUIGI BORRELLIの深い色合いのタイを購入したので、紹介させていただきました。

 

秋冬は無地のタイでももちろん良いのですが

このような厚手の表情豊かなタイで、Vゾーンを華やかに遊んでみたいものです。

 

下に私が気になっているタイのリンクを貼っておりますので

漠然と秋冬物のタイが欲しい!と思われている方は是非ご覧ください。

 

では、今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す