VOL.175 来季は再びアースカラーの流れが来るらしい!ESTNATIONのオープンカラーシャツが届いた!

 

どうも、ハシモトです。

 

年末は大変に冷え込むみたいですね。

しっかり着込んで体調を崩さないようにしたいものです。

 

さて、今回はオープンカラーシャツのご紹介です。

購入したのはESTNATION(エストネーション)の

コットン100%、お色はオリーブです。

コットンにしては大変滑らかで、シルクに似た肌触りでございます。

 

なんとこのシャツ、イタリア好きの私にしては珍しく、

パリで仕立てられたモノになります。

 

 

2018S/Sは継続してアースカラーが流行です。

 

 

ここ数年から急速に流行しているオープンカラーシャツ、

来季も引き続き展開される模様です。

また、2018春夏は、昨年に引き続きアースカラーが流行するとのことで

アースカラーのアイテムをあえてドレッシーな着こなしと合わせるのが

良いとされる模様です。あくまで各メディアの受けおりですが・・・。

 

普段はあまり流行を気にしない私がなぜ

流行真っ只中のアースカラー・オープンカラーシャツを

購入したのかと申しますと、その理由は簡単。

 

これがセールで安かったからであります。

ただそれだけ 笑

流行はできるだけリーズナブルに楽しみたいところです。

 

しかしながら定価は21000円ほどなので縫製や生地感は申し分なく

イタリアブランドに匹敵する質であります。

さすがはファッションの都の一つであるパリ。

丁寧な仕事が光ります。ステッチやいせ込みが美しいです。

 

 

ポケットは一見ダミーかと思いきやまさかのパッチポケットでありました。

ステッチとボタンに完全に騙されました。

 

 

着こなしを考えてみる。

 

 

さて、お次はこのシャツの着こなしをざっくりと考えてみました。

先ほど述べたようにドレッシーなジャケットなどとあえて合わせるのが

来季のテイストであるとのことでしたので、リネンのジャケットと合わせてみました。

(少々画質が荒いですが、ご了承ください・・・。)

 

ジャケット:TAGLIATORE(タリアトーレ)

シャツ:ESTNATION(エストネーション)

 

この場合は下には白いショートパンツやエスパドリーユなんかで

合わせてみるとドレッシーリラックススタイルといった具合にまとまるのではないでしょうか。

 

 

 

 

次はコチラ。

真夏の海辺で私が着たい服装です。

 

シャツ:ESTNATION(エストネーション)

パンツ:JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

サングラス:RAY-BAN(レイバン)

 

やはり下には白パンを合わせたくなってしまいます。

ベージュのハーフパンツでもいいかもしれませんが、

真夏には白に魅力を感じます。

 

ちなみにこのシャツの場合は

ボタンは3つ、たっぷり開けて着たいところです。

それこそたっぷり日焼けをして。

 

 

 

最後に。

 

 

ということで、今回はオープンカラーシャツのご紹介でした。

 

実は・・・先ほど試着したら少しサイズが小さい気がしたので、

もしかしたら変品・交換をしてしまうかもしれません・・・。

思ったより太ってしまってといったところでしょうか。

悲しいですね・・・。来年はダイエットです・・・。

 

皆様も、サイズには気をつけていただいて

来季用のアースカラーアイテムを買い足されてみてはいかがでしょうか。

 

きっと手持ちのワードローブがフレッシュによみがえるはずですよ。

いいアクセントになるはずです。

 

 

 

 

 

ということで今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント

  1. ピンバック: Fake Ray Ban Wayfarers

コメントを残す