VOL.172 クリスマスの着こなし、ブラウンジャケットのススメ。

 

どうも、ハシモトでございます。

 

いよいよ年の瀬、子供たちにとっては

クリスマス、冬休み、お年玉と楽しいイベントが盛りだくさん!

いやはや、あの頃に戻りたひ・・・。

 

そんなこんなで今回は

クリスマスシーズンにオススメのアイテム

”ブラウンカラーのジャケット”についてお話しいたします。

 

 

なぜブラウンなのか。

 

 

 

とはいえ、どうして私がブラウンを推しているのか。

ベーシックなネイビーやクリスマスカラーであるレッドやモスグリーンでは

ダメなのか。という点ですが、

 

ネイビーやブラックでは普段どおりのビジネススタイルに近づきすぎていますから

クリスマスの特別感がありません。それに寒い印象があります。

 

しかし反対にレッドやモスグリーンなどのクリスマスカラーを

クリスマスに、コスプレな印象にならないように着こなすのは案外難しいのです。

 

あくまで暗くなりすぎずに、そして温かみのある色。

それがまさしくブラウンなのです。

明るいブラウンも、いわゆるこげ茶もどちらでも似合う方で良いでしょう。

 

きっとこげ茶をチョイスしてとしても、ネイビーでは感じられなかった

温かみを相手に与えることができますよ。

 

それにツリーの幹や枝の色であるブラウンは

一応クリスマスカラーでもあります。

しかしながら上記の色よりもいい意味で目立たず

主張が激しく無いので、コスプレちっくになることも

あえて感が出すぎることもありません。

 

これが私がブラウンをお勧めする最たる理由です。

 

そして、もう一点。

素材についてですが、ブラウンジャケットを選ぶときには

ぜひ起毛感のある上質なフランネルか

カシミア100%の滑り感のある上質なジャケットを選んでください。

 

女性と腕を組んだ時の相手の反応が違いますし、

この季節らしい温もりある雰囲気と見た目になりますから。

 

 

ちなみに着こなしは。

 

 

そんなブラウンのジャケットを用いた組み合わせを考えてみました。

今回はクリスマスのレストランデートの場合。

もちろん寒いので上にはコートを羽織りましょう。

その場合は同系色のモノがいいと思います。

 

ジャケット:CARUSO(カルーゾ)

ネクタイ:Atto Vannucci(アットヴァンヌッチ)

シャツ:HITOYOSHI(ヒトヨシシャツ)

パンツ:INCOTEX(インコテックス)

靴:Clarks(クラークス)

メガネ:金子眼鏡

チーフ:altea(アルテア)

 

シャツ以外をブラウン系統でまとめてみました。

微妙にトーン・オン・トーンってやつですかね。笑

 

また、ネクタイはAtto Vannucci(アットヴァンヌッチ)のモノを着用。

セッテピエゲ製法で作られた

スカーフタイとも呼ばれるほどふんわりとした作りが魅力のフィレンツェのブランドです。

ここ最近国内でも取り扱いが増えてきました。

 

そんなスカーフタイなので、きちんとしていても固くなりすぎていないのが

個人的にミソかなと思います。

 

もう少しカジュアル感を出すのならパンツはデニムスラックスなんかでも

良いかもしれません。

その場合はシャツの色と合わせてキレイなインディゴブルーのモノを履きます。

 

 

最後に。

 

ということで今回は

クリスマスにはブラウンのジャケットを!という内容で

綴ってまいりましたがいかがだったでしょうか。

 

あと数日でクリスマス。

デートに着ていく服をお考えの方はぜひ、ブラウンジャケットで。

 

きっと素敵な1日になりますよ。

 

 

では、今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 

一足お先に、メリークリスマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す