VOL.171 とにかく気持ちいい!LUIGI BORRELLIのパーカーを購入!

 

みなさまどうもこんにちは。

ハシモトでございます。

 

今回は前回に引き続き、購入品のご紹介です。

今回は私にしては珍しく、パーカーのご紹介となります。

 

私は個人的にはパーカーが似合わないと思っていて、

なかなかチャレンジしてこなかったのですが、

コチラのパーカーはウールカシミアを使っているとのことで

肌触りが大変気になってしまったので購入へと至りました。

 

似合うかどうかは完全に二の次。

まさに衝動買いであります・・・。

 

老舗、LUIGI BORRELLIは間違いない!

 

そのパーカーがコチラ!

 

 

 

LUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)のパーカーです。

お色はブラック、素材は先ほど述べたようにウールカシミアです。

 

 

なんの変哲も無いただのパーカーなのですが、

細部や素材にはLUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)ならではの仕事が光り、

ラグジュアリーさが滲み出ています。

 

 

包装紙もロゴ入りでテンションが上がります。

まあ保存することはありませんが。笑

 

 

パーカーには詳しく無いのですが、例の紐にはウール素材のフェルトのような生地感の

装飾が施され、ちょっとばかり可愛らしい印象。

 

 

ジッパーは自社製で、ブランドロゴが刻印されています。

ダブルジッパーなのでお腹周りが野暮ったくなく、スマートに着こなせそうです。

 

 

 

生地には程よく光沢が。

さすがはウルカシ、滑らかな触り心地です。

うーん、これこれ。真夏に素肌に着てもイイだろうなぁ。

オールシーズン使えるので

私の中のカジュアルワードローブの鉄板アイテムになるかもしれません。

 

 

フードの裏地はグレーになっています。

この切り返しを生かした組み合わせを楽しみたいと思います。

 

例えば・・・。

 

 

ジャケットと。

 

 

ジャケット:Salvatore Piccolo(サルヴァトーレピッコロ)

パーカー:LUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)

パンツ:PT01(ピーティゼロウーノ)

タイピン:50年代のヴィンテージ

 

ジャケットとスラックスと合わせたモノトーンコーディネートです。

パーカーが挟まることによって一気にカジュアル度が増しますね。

パーカーのインナーには白Tでも良いですし、

ボタンダウンシャツを合わせても良いでしょう。

 

胸ポケットには大変見辛いですが、遊び心でタイピンを挿してみました。

見えるか見えないかといったギリギリのところです。

いや、見えないか・・・。

 

 

 

最後に。

 

ということで、今回はLUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)の

ウールカシミアのパーカーをご紹介してまいりました。

これからどんどん着込んで、経年変化を楽しみたいと思います。

 

このブランドのカシミア素材はどれも大変に質が良く

長く愛用できるので、是非購入されて

そのとろふわ感を体感してみてください。

脳が溶けそうになりますよ。笑

 

 

今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

では。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す