VOL.166 ユニクロ感謝祭と無印良品週間で買ったモノトーンなアイテムたち。

 

どうも、ハシモトです。

今回は先日月曜日まで開催されていたユニクロ感謝祭と

無印良品週間で購入したものをご紹介いたします。

 

今回は気兼ねなくガシガシ着られるモノトーンのアイテムたちを購入できました。

私の物欲センサーも大変に満足しております。

 

 

さて、まずはユニクロ感謝祭での購入品から。

 

 

同じものを2枚。

 

 

購入したのはこちら。

 

エクストラファインメリノウールセーターのクルーネックタイプ。

お色はブラック、Mサイズです。

 

ユニクロに立ち寄った際には特に買いたいものは決まってはおらず

ヒートテックかルームウエアかなぁなんて思っていたのですが、

ふらりと通りかかった棚にてこのセーターを見つけて何気なく触ってみました。

 

するととても柔らかい。

 

 

私的には数年前に購入したことのあるUNIQLOのセーターが

なんだかチクチクした記憶があったのですが

このセーターはメリノウールを使用しているため

ラムウールなどより柔らかく、非常に滑らかな触り心地でした。

 

もちろんサクソンウールやシルクカシミアにはかないませんが、

UNIQLOの提供するセーターでもこの程度の柔らかさを実現できたのかと

正直とっても驚きました。

 

するとどうでしょう。

無意識にマイサイズの黒を2枚手にとってレジに並んでいました。

 

恐ろしいですよ、夢遊病みたいなものですよ・・・。

 

 

 

帰宅後試しに素肌に着てみましたが

全然チクチクしなかったのでTシャツ感覚でも着られるほどだと思います。

ウールは汗を放出しつつも身体を暖かく守ってくれますからインナーにももってこいですね。

 

 

ネックの編み込みも美しい。

今流行りのビックシルエットな感じはなく、あくまでスタンダードで普遍的な

セーターといった感じです。

 

首もVネックよりは伸びにくそう。

数回来てみましたが、ブラッシングをすれば毛玉も出来づらいように感じました。

これは長持ちするかもしれません。

 

私が今の気分で組み合わせるなら、

白のボタンダウンシャツにベージュのコーデュロイパンツなんかと合わせたいです。

 

足元は黒いスニーカーで十分かと思います。

 

 

あ、ちなみにこちらのセーターは、1枚あたり通常2,990円+税のところを

感謝祭価格1,990円+税にて購入いたしました。

さすが、良心的価格です。

10枚くらい買っても良かったかも・・・。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ZANONE ザノーネ [秋冬] GIRO IF-MAN クルーネックニット ミドルゲージ
価格:35640円(税込、送料無料) (2017/11/30時点)

 

 

 

そして隣接する無印良品へ。

 

感謝祭に寄ったついでにそのまま近くにあるMUJIへ。

私の住む家の近くの店舗は、九州最大の無印良品のお店なんです。

品揃えも桁違いですから毎回のお買い物が楽しいです。

 

そこにいつも愛用のメガネ拭きを買い足しにいったのですが、

そこでも出会いが。

それがコチラ。

 

 

スニーカーソックスです。

 

無印定番の足なり直角シリーズの3足組タイプです。

 

驚くべきはそのお値段。

3足セットなのに税込599円!

3足1,000円なんてのはよくありますが、無印ではこの価格なんですよ。

素敵ですねぇ。

 

それが今回は良品週間ということでさらに10%OFFとなりました。

さらに素敵ですねぇ。

 

 

そして気づくと私は大量のメガネ拭くとこのスニーカーソックスを2つ手に取り、

レジに並んでいました。

 

またまたまるで夢遊病です・・・。

 

 

このソックス、スニーカーソックスとはいうもののアンクル丈なのでローカットのスニーカーや

スリッポンなどの高さのない靴を履くとソックスがチラ見えするので

コーディネートにはくれぐれも気をつけて、ダサくならないように

可愛らしく楽しむことが重要です。

 

大型店や衣料品が充実している店舗には

このスニーカーソックスが定番商品としてあるみたいなので

きになる方は仕事終わりにでも立ち寄られてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

最後に。

 

ということで、今回はお得な買い物をしてまいりましたというお話でした。

最近は、これまで見向きもしなかったモノトーンにも興味が湧いてきており、

さらなる物欲に歯止めをかけることができるのか、非常に不安でございます。

 

これから、そのような服装も

イタリアンファッションと合わせてご紹介することがあると思いますので

その時もぜひ、当ブログをよろしくおねがいいたします。

 

では、今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

では。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す