VOL.128【雑談】人からよく怒ると怖いと言われます。

 

さてさて、ハシモトでございます。

 

現在予定しておりましたコットンパンツについての記事を

書いていたのですが、少しばかり息抜きを兼ねて雑談を致します。

 

先日、長崎に行きました。

本題はこの話ではないのですが、先日長崎県に出向く機会がありましたので

その事にも触れておきます。

目的は時津町にて行われた大橋トリオさんのホールツアーを鑑賞するため。

車で海沿いをのんびりドライブしながら出掛けました。

長崎駅から時津町までは少し離れているのですが、時間がありましたので長崎駅周辺も

散策して、カステラを買ってみたりのんびりと坂の町を満喫しました。

 

その日の目的であったライブも最高で、彼の奏でるメロディと優しい歌声に

日頃の疲れやもろもろが終わる頃にはすっきりと浄化されていました。

 

また、ツアーグッズとしてスカーフが売られていたので

チーフ代わりにジャケットの胸ポケットに挿してその場の気分を味わいました。

チーフを忘れてきていたので調度良かったです。

(写真が荒くて申し訳ないです・・・)

 

久しぶりにフラッと旅ができたので週末は大満足なハシモトなのでした。

 

本題。

 

さて、本題なのですが、タイトルにもありますように

私は以前から人に「ハシモト君は怖い」とよく言われてきました。

そして今でもたまに言われます。

そんなにいかつい見た目でもないし、そもそも怒ったことなんてほとんどないのに

何故なのでしょうか。

 

よく普段はおとなしい人が怒るととても怖いという話をよく聞きます。

私も比較的おとなしいほうだと思うのでそれもあるのかもしれません。

人生でたった2度だけ、怒鳴ったことがありましたが、

その後ケンカが強い私にとって怖い存在の人からも

「怒るとかなり怖いね」と言われました。

 

今思えばそれもあってかヤンチャな人たちと仲良くなる機会も多くなったり

ちょっかいを出されて嫌な気分になることもなかったため

ラッキーな立場にいたことは間違いないでしょう。

 

その時同時に私は、「普段はのんびりとしていてもたったの1度や2度の怒りで

相手からの評価はこれまでとは異なってしまうのだなぁ」と感じました。

 

仲の良い友人たちからも怒ると怖いとか、敵に回さない方がいいとか言われていたので

当時は厄介なヤツだったかもしれませんね(笑)

 

できるだけ温厚に怖い印象を植え付けない生活を志したいものです。

怒るということは相手を怖がらせるのではなく

自分の意見や相手の非をしっかりと伝えることなのだ、

この考えが重要でありその考えを持って起こっているのとそうでないのとでは

表現として雲泥の差が出て関係がギクシャクしてしまいますもんね。

 

・・・・。

なんだか結局何が言いたかったかよく分からなくなってしまいましたが

雑談なのでコレで良しとしましょう。

 

では、今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 

P.S

もうすぐ楽天スーパーセールが始まりますが、

今回はグッと我慢しようと思います・・・(嘘か真か)

 

 

 

コメントを残す