VOL.122【私の愛用品】めでたく12年目突入!とんでもなくダサいTシャツ

今回は普段の愛用品とは一線を画すTシャツのご紹介です。

そのTシャツは私が洋服に興味を持ち始めて以来、

人生で最もダサいTシャツとして名を馳せている名品なのです。

 

まだ見せません。

 

私がコレを購入したのは約12年前、中学生の時でした。

そのお店でたまたま見かけて一目惚れ

当時はダボッときたかったのでLサイズを購入。

余裕でXLサイズくらいはありそうなサイズ感で今でもかなりダボダボです。

 

コレと同時に馬の骨が描かれた、これまた最上にダサいTシャツも購入したのですが、

そちらは昨年の大掃除によりお別れとなりました。

 

それにしてもなんでそんな変な衣類ばかり買いあさっていたのだろうか・・・

 

12年間も着ているのに色落ちはおろか毛玉1つありません。

綿100%なのに驚きです。

しかし何かで引っ掛けてしまって穴が開いています。直そうかな。

 

 

そんなダサいTシャツがこちらです・・・

 

 

 

みんなが笑顔に。

 

 

お待ちかねの全貌ですがこのようなデザインです。

 

お腹が出た子どもの頭部に不敵な笑みを浮かべる生き物・・・

小さい子供が見たらトラウマになるかもしれません。

 

これは被り物ととらえるべきか・・・いや、

もし被り物だとしたら、被っている本人のテンションがこんなに低いはずはない。

パーティーやお遊戯会では楽しそうに振る舞うまずだ。

 

では頭部に寄生されているのだろうか。

しかし寄生されているとしたら養分を吸われてもっと痩せていることだろう。

 

このように真面目に分析してしまうほど訳が分からなく引き込まれるデザインなのです。

 

 

私は穴が空くまではこれを大学のプレゼンがある日にわざと着て行っていました。

私が前に経つとみんなが笑ってくれるからです。

でもプレゼンの内容はいたって真面目。

なのにみんな退屈せずに聞いてくれるんです。

 

「あんな変なものを着ていながらプレゼンは真面目かよ!」

そのギャップが面白いのかもしれませんね。

 

背面には刺繍で筆記体が。(すみません、読めませんが)

プリントでなく刺繍という点も雰囲気があって良いんです。

 

 

購入したのは皆さまご存知の!

 

さて、最後に購入したお店ですが、

まさかのUNIQLOでございます!

 

当時UTブランドが無かったためかあまり注目されていなかったこのシリーズ。

確かアマチュアデザイナーだかデザイン科の学生が作ったデザインをTシャツ化したシリーズだったように思います。

もちろんオシャレなものがたくさんありましたよ。なにせデザイナーさんが作っておられるのだから。

 

そのなかであえてこれを購入したと。

 

でも、これだってなかなかオシャレでないですか?

私はそう思いますし、これから20年,30年と目指していければとさえ考えています。

 

 

 

ということで今回はダサいTシャツのご紹介でした。

また次回お逢いいたしましょう。

では。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RING JACKET(リングヂャケット)Model No-184H S-168HLORO PIANA3Bスーツ【ネイビー】
価格:172800円(税込、送料無料) (2017/5/25時点)

 

 

 

コメントを残す