VOL.115【私の愛用品】絶対に似合わない人はいない!LACOSTEのポロシャツの魅力

 

さて、毎日更新が続いておりますこのブログですが、

今回はポロシャツのご紹介です。とはいっても皆様ご存知の

ポロシャツ界のボス、LACOSTE(ラコステ)のポロシャツです。

 

持つべきは定番!L1212

 

このブランドのポロシャツは多種多様なシリーズと豊富なカラーバリエーションがあることから

「どれを着たら良いかわからない」とお思いの方も多いはずです。

もちろんそれだけ種類がありますから、誰にでも似合うポロシャツを間違いなく探せると思うのですが、

やはりまずは「L1212」というラインナップに手を出していただきたいと思います。

このモデルはLACOSTEの最も定番の形であり世界的にもヘビーユーザーがたくさんいます。

いわゆる「ザ・LACOSTE」といった感じです。

 

1933年に世に出た「L1212」は、プロテニスプレーヤーのルネ・ラコステによって作られました。

ルネ・ラコステは偉大なテニスプレーヤーであると同時に、優れた事業家・発明家でもあり、

テニス用のあたらしいスポーツシャツを作ろうとして生まれたのが「L1212」なんです。

また、生地にジャージー鹿の子織りという、今となっては当たり前となったポロシャツの素材を

開発し取り入れたのもこのブランドの「L1212」なんです。テニス用として考えられていたため

通気性の良いコレまでにはない素材が求められていたわけです。

 

 

また襟部分にはニットのような編み方がなされており、柔らかく

包み込まれるような安心感を首筋に与えてくれて、大変にリラックスできます。

 

つまりこの「L1212」はポロシャツの原点であるというわけです。

それを聞くだけで物欲センサーが働いたそこのあなた!

ポロシャツは夏本番前の今が買いですよ・・・

リンクを張っておきますね・・・。

 

 

 

フランス産の「フララコ」やジャパンメイドまで。

 

ラコステが好きな方のうち、多くは「フララコ」という言葉を口にします。

それはかつてフランスで生産されていたポロシャツの略称で、生産時から主な生産が終了した現在まで

ファッショニスタ達の間に根強い人気を誇っています。

ふわとろの着心地と軽やかに動けるしなやかさ、それでいて何十年でも着られる普遍性。

まさに「フララコ」はポロシャツの頂点と言っても過言ではありません。

その証拠に古着屋などに行きますと、数十年前の「フララコ」がかなりの金額で取引されています。

また、近年にはあまり無いようなフランスらしい鮮やかな色が展開されていることも特徴です。

度々、一時的に「フララコ」が復活していますが、毎回完売なんです・・・。

 

しかし現在奇跡的にまだありました!

在庫があるフララコはコチラ!(2017年5月上旬時点)

 

 

 

 

そんな大変貴重な「フララコ」と同様、いやそれ以上の縫製技術を誇っているシリーズが存在します。

それがまさかの「日本製」のLACOSTEなんです。

 

 

これまでのポロシャツの流れを丁寧に汲みとりながらも日本らしい丁寧な仕事で作られたポロシャツが

世界中で高い評価を受けています。ですからフランスのモノが手に入らなければ

ジャパンメイドの「L1212」を購入されることをオススメします。

 

L1212はフォーマル寄りにも使えます!

 

ポロシャツといえばカジュアルウェアの代表格ですが、

実はジャケットや革靴にも大変相性が良いんです。

白かネイビーの無地の「L1212」にネイビーのジャケットを羽織って、

下はグレーなどの上品なコットンパンツかサマーウールのスラックス。

 

 

こんな服装をすれば軽めのドレスコードのある店にも入店が可能です。

ほとんどのシチュエーションに対応したカジュアルウェアというのはかなり稀で、

「L1212」かブルックスブラザーズのボタンダウンシャツくらいなものです。

 

また、中には写真のようにネイビーなどのスーツに合わせる上級者もいます。

 

 

ジャケパンがOKな企業なら仕事着にも、

アフター5の食事にも休日のリラックスにもスポーツにも使える、

最強の夏服であると思います。

 

しかし、ポロシャツならこのブランド以外何でもいいというわけでなくて、

あくまで「L1212」のポロシャツについての見解です。

 

そこいらで売られているポロシャツをジャケットの下に着ていても

それはオシャレでもTPO意識した格好でもありません・・・。

この風合いと絶妙なシルエット、襟の高さの「L1212」だから様になるのです。

 

 

 

しかし、昨年の衝撃作は流行らず・・・

 

昨年、雑誌「LEON」に掲載された襟部分にワニの刺繍が入っている通称「襟ワニ」。

昨年流行るかと思いきや、人気が出ずにアウトレット店舗に流れてしまっておりました。

 

しかし、気になる方は今のうち!

無くなる前のご購入をオススメします。

 

それでは今回はLACOSTEのポロシャツのご紹介でした。

まず手に入れるなら無地の白、ネイビー、黒がいいですよ。

 

ではまた次回お逢いいたしましょう。

 

コメントを残す