VOL.102 CMで話題のUNIQLOのアンクルパンツを検証してみた

 

今回は久しぶりの購入品の紹介となります。

先日ふらりと立ち寄ったUNIQLOにて

CMで話題になっている新商品、アンクルパンツを発見し、

2,990円(税抜)とお安いので「一体どんなもんだろうか」との好奇心から

買ってみようと思ったわけです。

 

ジョガーパンツに続くヒット商品となるか見ものです。

 

 

5〜6色ほどお色がありました。

 

(履きシワが・・・)

さて、このアンクルパンツですが、

お色もまずまず豊富で、流行りのカーキからベーシックなネイビー

カジュアルファッションが可能な仕事場でも着られそうなタイプもありました。

 

 

個人的には季節は春ですし、明るめなの色をと思い

ストライプの入ったグレーを購入しました。

 

ちなみにストライプ柄は私の尋ねた店舗だとコレのみでした。

グレーは無地のものもありましたのでお好きな方をどうぞ。

(私はほっそりとキレイに履きたかったのでストライプ柄を選びました。)

 

これだけカラーバリエーションがありますから、

もし気に入ったら複数買いも楽しいですね。

 

ウエスト

 

 

今回私はMサイズを購入しました。

なぜならウエスト部分にベルトループはありますが、

ゴムがしっかりと入っているので

Sだと着馴染むまで苦しい思いをするかも・・・と考えたからです。

 

 

また、紐での調整もできますので

計3つの調整法が可能です。ただ、個人的に思うのは

「ベルトをしたら紐が邪魔じゃん」ということですかね。

 

まあ邪魔なら引っこ抜くという荒業もありますが・・・

 

 

売りであるアンクル丈の具合はいかに。

 

 

ではこのパンツの最大の売りであります丈感について

見てまいりましょう。

 

あ、その前にアンクルとは何なのかをカンタンに説明させていただきます。

アンクルとは日本語訳しますと”くるぶし”の事でして、

丁度パンツの裾がくるぶしのアタリにきて足もとをスッキリと見せられるパンツのことです。

クロップドパンツなんて呼び方もされていて、そちらの呼び方でご存じの方も

多いのではないでしょうか。

 

 

さて、余談はさておきこのパンツの丈感ですが、

(アンクルパンツですので裾上げは行っておりません)

 

身長170㎝の私にはぴったりな丈感であります。

きっと身長が高い方はLサイズのほうがいいのかもしれません。

ですがそこはUNIQLOですから

ある程度日本人の標準サイズに基づいた作り方にはなっていると思います。

 

 

裾の仕上げはシングル仕上げになっていますので

足もとにボリュームを持たせることは叶いません。

なぜならダブル仕上げにするにしてもロールアップをするにしても

もとの丈が短いので中途半端な長さでパンツを履くことになってしまうからです。

 

 

2㎝くらいまでなら折ってある部分で裾出しができそうですが、

その場合はUNIQLOではなく外部のリフォーム店に依頼することになるでしょうから

ややお金がかかるかと思います。

 

丈感、裾の処理が気になる方は、試着した際にスタッフの方に訪ねて見られることを

オススメします。

 

 

洗濯しやすい。

 

さて、最後にメンテナンスですが、

ポリエステルが混紡されているため

洗濯機(ネットに入れて)で洗っても型崩れや毛羽立ちなどはほとんどありません。

なお濃い色のものは色落ちするかもしれませんから

始めのうちは注意が必要です。

 

また、ポリエステルとともに私の天敵であるポリウレタンも入っていますので、

購入から2年ほど経つと加水分解をして必然的にヒザが抜けてくるかと思われます。

 

まあリーズナブルなパンツですから2年履けたら十分ですが。

 

 

ということで、話題のアンクルパンツ、

これから暖かくなりますので購入されてみてはいかがでしょうか。

 

↓商品URLはコチラ

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/easyanklepants/men/

 

 

では、今回はこの辺で。

また次回お逢いいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す