VOL.96 シャツの収納を考える。

 

今回はシャツの収納についてのお話であります。

皆様の中にもお悩みの方がおられるのでは&解決策をご存知の方がおられるのではと思い、

記事にいたします。

 

 

襟が・・・。

 

 

これまでの私のシャツの収納場所は

小さめの引出しタイプの洋服ダンスの中でした。

上記の写真のような引き出しの中に

同じような系統のシャツを揃え、重ねて収納していたわけです。

 

しかし・・・

コレではシャツの醍醐味の1つである襟が潰れてしまう!

 

これは数年間私が悩んできた問題でした。

 

「シャツハンガーに掛けて収納したらいいじゃない」と思われる方も

おられると思いますが、

ジャケット等と違って生地の薄いシャツは

ハンガーにかけるとなんだかスカスカした見た目になってしまい

クローゼットの中が美しく見えないなぁ

と感じているんです。

 

ですから私としてはキレイに、襟を潰さずに

ハンガーに掛けずに畳んで収納したいわけです。

 

仕切りのたくさんあるシャツラックもいくつか見つけたのですが

 

 

 

 

 

アンティークものはお高いし

かといって布地のものやカラーボックスのようなものに収納するのは

味気ない・・・

 

 

オーダーメイドしかないのか?

と最近は大変にそのことがストレスになっています(笑)

 

 

その間、シャツたちはどうしているかと申しますと

 

 

雑多に置かれております・・・

 

 

うーむ、なんとかならないものか。

 

皆さまはどのようにしてシャツの収納をされていますか?

ぜひアドバイスを下さい。

 

 

 

P.S

ちなみにシャツを入れていた引出しタイプのタンスはと言いますと

 

 

カシミアの巣窟になっているのでした。

 

 

 

では、また次回お逢いいたしましょう。

 

 

 

 

コメントを残す