VOL.84【私の愛用品】必ず持っておくべき!Brooks Brothersのボタンダウンシャツ

 

今回は私が愛してやまない

ザ・スタンダードと呼べるであろうシャツをご紹介いたします。

それがBrooks Brothersのボタンダウンシャツです。

 

 

 

白と青は必ず必要!

 

 

カジュアルなシーンではあらゆる洋服に合わせられるこのボタンダウンシャツは

数年前に購入してから、手洗いを繰り返して

何度も何度も私の休日を彩ってくれました。

 

写真右の白いオックスフォードシャツは正規オンラインストアにて購入した

ど定番のモデルです。

素材はスーピマコットンを使用していて大変柔らかい分、毛羽立ちも起きやすいので

丁寧に取り扱うようにしています。

また、洗いざらしで使用できるのもこのシャツの魅力の1つです。

 

 

左の青のオックスフォードシャツはBrooks Brothersのアウトレット店にて購入した

いわゆる廉価モデルですが、この品質には眼を見張るものがあります。

 

ノンアイロンシャツのため、手洗いをしてハンガーで日陰干しをすれば

あっという間にピシッと仕上がってくれます。

 

 

細部のチェーンステッチなども綺麗です。

 

このシャツはまたアウトレット店に行く機会があれば

数枚買い足したいと思っております。

皆様もぜひ訪ねてみてください。

高クオリティな定番が安価で手に入るチャンスです。

ちなみに年中取り扱われていたと記憶しております。

 

 

メンズファッションのシャツというものは

全体の中でも非常に重要な役割となるもので、

特に白と青はあらゆるシュチュエーションに適用できるカラーですから

お持ちでない方は大至急購入することをお勧めいたします。

逆を言えば、この色のシャツさえあれば他はいらないと言っても過言ではないのです。

世界共通認識ですからね。

(あくまで色のことであってカラー(襟)や生地のことはまた別問題ですが)

 

 

 

たまには気分を変えて。

 

 

たまには無地ではなく柄物を着たい時もあります。

そんな時にはこのようなギンガムチェックのボタンダウンシャツを着ます。

 

お色は紫ですが、

これが意外とどんなタイプの服にも合うんです。

ブラウンのジャケットや

グレーのパンツ、

はたまた、ボルドーのコーデュロイパンツにも合わせられます。

 

まさに万能アイテムです。

手洗いを続けておりますので傷みはほぼありませんが、

天気の良い日に干すのでいくら日陰干しといえどもやや色が抜けています。

 

しかしこれくらい使用感がある方が雰囲気が出て良いのかなぁなんて考えています。

 

 

襟の内側の汗止めテープが非常にクラシックです。

こうゆう所が粋でいいですね。

 

ちなみにこのシャツは5年前に購入したものなので、

一時はアウトレット落ちしてしまっていましたが、

今は取り扱いがないようです・・・。

 

しかしながら毎年ギンガムチェックもシャツはリリースされていますので、

次回発売されるのを楽しみにしておきましょう。

 

 

ちなみに私が手洗いで使用している洗剤は普通にエマールです。

一応リンクを貼っておきますね。

 

 

ということで、今回は

ワードローブには必ず加えておくべき

使い回しが効きすぎるボタンダウンシャツのご紹介でした。

最近またボタンダウンシャツの流行も来ておりますので

たくさんの新作の中から選ぶのも楽しいかもしれませんね。

 

では、また次回。

 

 

 

コメントを残す