VOL.58 【雑談】着ない洋服を断捨離&ユニクロ感謝祭とカシミアの話

thankyousale_bnr_161123

 

年末に向けて断捨離を。

 

さて、本日はOFFでしたので、過去に購入して

今は着ていない洋服たちを断捨離しておりました。

 

GUNZEのイージーパンツやラルフローレンのケーブルニット、

貰い物のナイロンジャケット、ポールスチュアートのネクタイなど10点ほどを処分しました。

 

どれもデザインが派手であったり、毛玉ができやすかったり

化繊100%で着心地が悪いものばかりでしたのでスッキリ処分できてよかったです。

 

年末に向けて今からワードローブの大掃除を少しづつ始めて

来年新しい洋服を迎え入れる準備をしなくてはなりませんね。

 

ちなみに私の場合、着ない洋服はオークションで売却するかゴミに出すかどちらかの方法で

処分しています。

 

お金になればハッピーですからね。

 

 

UNIQLO感謝祭がスタートしました。

 

さて、話は変わりますが、

本日からUNIQLOで恒例の感謝祭がスタートしましたね。(現在は終了)

ウルトラライトダウンやケーブルニットなどもお安いみたいですね。

 

私は店舗に行くのに気が引けたので、

オンラインでベージュのヒートテックを買い足しました。

もう9着目になりますが(笑)

 

 

それ+購入したのが

カシミアストールです。

 

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/173382

 

カシミア100%のものがなんと3,990円でしたので

衝動買いしてしまいました。

お色はキャメルを購入したのですが、たくさんカラーバリエーションがあったので

お色違いでの購入もいいかと思います。

 

 

カシミアのランク?

 

それにしてもUNIQLOのカシミアって

質感はどうなんだろうなぁ。

 

気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

ちなみにカシミアとは

カシミアヤギの毛のことを言います。

背中の毛よりお腹の毛の方が柔らかくて高価であるとされています。

 

 

そしてカシミアには重さ・質によってランクがありまして、

下は9級(2014年は4級くらいまでしかなかったらしい)から

最上位の特級までランク分けされております。

 

特級のカシミアとは、イタリアの一部やスコットランドの毛のことで

貴族や王室御用達の素材であって

我々が店頭で目にすることはなかなか無いそうです。

 

ちなみに私が先日ご紹介したLUIGI BORRELLIのニットブルゾンのランクは…

 

特級でした。

 

調べてみたところ間違い無いようです。

触り心地も重量感も最高だもんなぁ。

 

 

大切にします、ハイ。

 

 

記事はこちら。

http://h-butuyoku.jp/2016/10/29/最高品質のカシミア!luigi-borrelliのニットブルゾンを破/

 

 

話が逸れましたが、

UNIQLOのカシミア、どのランクに位置しているのかはわかりませんが

 

特級のものと質感や触り心地はどう違うのか

 

届きましたら検証してみたいと思いますのでお楽しみに。

 

 

それでは本日はこの辺で。

 

雑談でございました。

 

 

コメントを残す