VOL.36 Burberryが限定15着のコートを発売!そして三陽商会の今。

img_22c6abfc5208353ddb144864b0b7f5f289733

 

今回は、昨年6月三陽商会でのライセンス契約・取扱いが終了し、

その後9月に三陽商会絡みではなく、

日本最大規模の新宿店がオープンするなど話題を集めたBurberryですが、

 

その新宿店で気になるイベントが開催されているとのことで

そちらを記事にしてまいります。

 

 

そのイベントの内容といいますのが、

TALES OF A TRENCH COAT
〜トレンチコートの物語〜

 

というものです。

 

なんでもBurberryの主力商品のひとつである

トレンチコートの歴史や職人の技を知ることができるというモノらしく、

過去のトレンチコートのアーカイブも勢揃いするらしいです。

 

さらにトレンチにイニシャルを入れて頂けるサービスや、

限定15着のトレンチコートの販売もされているのだそうです。

一体どんなトレンチコートなのか、買える方が羨ましいです。

 

今月10月18日から11月1日まで開催されているとのことですので、

新宿店が近い方はぜひ。(終了)

 

私は居住地が九州なので行けませんが。

 

話は変わりますが、Burberryを手放した三陽商会、

苦戦が強いられているみたいです。

 

過去最高の赤字なんだとか。

その金額は15億円とも言われています。

 

Burberry終了後はMACKINTOSH PHILOSOPHYと

Paul Stuartの販売を始めましたが、

それではやはり世間のブランドイメージがBurberryには及ばなかったのでしょう。

 

どちらも人気のブランドなだけに残念です。

 

それに今夏三陽商会は、PRINGLE 1815のウィメンズ部門とBIANCA EPOCAの展開も終了しています。

これが吉と出るか凶と出るか。

顧客離れに歯止めがかかると良いのですが。

 

ではまた次回。

 

 

 

コメントを残す