VOL.31 眼鏡はやっぱりセルロイドに限る!【後編】


image-3

 

どうも、ハシモトです。

今回は前回に引き続き、私が愛用しているセルロイドで作られた

眼鏡についてお話をしてまいります。(2018年11月20日に大幅に加筆・修正)

 

前回の記事をご覧になられていない方はコチラよりどうぞ。

VOL.30 眼鏡はやっぱりセルロイドに限る!【前編】

 

 

セルロイド眼鏡の魅力


 

さて、前回の記事にて

セルロイド製の眼鏡はとても丈夫でぽってりとしたツヤ感があり、

かけ続けているとどんどん顔に馴染んでくる。という魅力をご説明しましたが

魅力は決してそれだけではございません。

 

セルロイド眼鏡づくりは

基本的には手作業のため、鼈甲柄のような複数の色を練りこんでいる製品は

ひとつとして同じ柄や色味のものがありません

同じ製品でもそれぞれにしかない風合いがあります。

なんだかそれだけで特別感があって素敵ですよね。

黒縁もいいですけど、せっかくセルロイドの眼鏡を選ぶのであれば、

色味に味わいがある製品を選ばれることをオススメします^^

 

image-2

魅力は色柄だけでなくディティール面にもあります。

この眼鏡は「ノーシン」と言いまして、テンプルに骨組みとなる金属が入っていない

セルロイド製の眼鏡やヴィンテージ眼鏡によく見られる製法です。

これを手作業で行うのですから、加工する際には大変繊細な作業が求められるかと思われます。

無機質な金属が入っていないので一層温かみも増しますし、

顔に馴染ませるためにもこの骨組みはない方が望ましいのでしょう。

 

 

近年、セルロイド製 眼鏡が見直されている。


 

近年はファストファッション的な眼鏡店の台頭で

古くからある眼鏡店や中価格帯の眼鏡店の閉店や規模縮小が目立ちます。

(大手のメガネスーパーでさえ、昨年までは赤字でしたから・・・)

 

そんな中、セルロイド眼鏡が

どうやら見直されているようなのです。

 

安価な眼鏡が流行しているのにそれはなぜなのか。

セルロイド製のものは大変高価な部類ですから流行とは真逆なハズなのに。

 

 

これはファストファッションにも言えることなのですが、

安い服があまりにも増えすぎて、ネットではバーゲンシーズンでもないのに連日のセール。

消費者は買い物に駆り立てられるあまり無駄な買い物をしたり心の余裕を失ったりし、

本当に自分に必要なものは何かを見失っていたのです。

 

疲れ果てた時にふと思ったのでしょう。

これまでに立ち返って、本当に質の良いものを少しだけ手に入れて

お財布にも心にも余裕を持たせた暮らしをしようと

そういった流れもあり、ここ最近では質が良くて、少しお高いモノというのが

徐々に売れるようになってきているようです。

そこでセルロイド製の職人手作り・経年変化も味わえるこだわりたっぷりの眼鏡たちも、

再び注目を浴びるようになったのではないでしょうか。

 

安価な眼鏡をコロコロ変えるのもいいですが

ひとつかふたつ、作りの良い、素材の良い眼鏡を手に入れて

自分の顔にフィットするほどに長く付き合い、ともに思い出を作っていくというのも

生活に深みが出て面白いのでは無いでしょうか。

 

 

最後に。


 

ということで今回は

金子眼鏡とセルロイド製の眼鏡について私が知っている範囲で

綴ってまいりました。

あのポッテリ感はセルロイドならでは、

あれは手に取った人にしかわからない感動的なもの。。。

 

近くに金子眼鏡をはじめとするセルロイド製の眼鏡を取り扱っているお店があるのでしたら

ぜひぜひ、一度手に取って、かけて見てください。

きっと魅力の沼にハマるはずですから。

 

では、今回はこの辺で。

また、次回お逢い致しましょう。

 

 

まだまだ物欲は収まらない!