驚きの価格!古着屋でエヴィスジーンズを購入

image-4

 

 

みなさまこんばんは。

 

私は昨日今日とOFFでしたので

昨日は朝から自転車を漕いだ後、車で1時間くらいの場所にある古着屋に行きました。

 

そこには無印良品やGAPなどの激安古着が中心なのですが、

たまにPOLOのポロシャツやLACOSTEのUSAメイドカーディガン、

Levisの片タグと呼ばれるヴィンテージモデルなども破格で手に入る

意外な穴場スポットなんです。

 

私もヴィンテージ狙いで行ったのですが、

思わぬジーンズを見つけました。

それがエヴィスです。

 

しかも上記の写真以外にも

ピンクカモメといわれる人気モデルもありました。

こちらは裾のダメージが酷かったので購入には至りませんでしたが。

 

 

今回購入したのはエヴィスのNo.2です。

 

image-2-22-21-45

 

image-3

 

image-6

 

 

色落ちもほどほどで絶妙な色味です。

 

耳は赤耳ではなくネイビーとイエローの耳です。

ジーンズの醍醐味のひとつであるこの耳は古い機械で作られたジーンズのみ

出来るものなんです。

 

デニム生地の端の部分にこの耳がありまして、それを古い機械でジーンズにしていくと

内側のこの部分に耳がくるんですね。

いやぁ美しい。

 

image-8

 

気になる価格は・・・・・1,080円!?

 

そうなんです。

ダメージはほぼ無しで、革パッチも良好でこんなに破格のお値段なんです。

 

なぜなら、

 

image-2

 

サイズが大きいからなんですね。

 

左が以前記事に書きました、UNIQLOのジーンズ。

 

http://h-butuyoku.jp/2016/10/03/uniqloのセルビッチジーンズを購入/

 

 

右のエヴィスの方が明らかに大きいですよね。

 

でもジーンズは一期一会なので、大きいけれども思い切って

購入に至りました。

 

問題はどうやって超オーバーサイズのこのジーンズを着こなすか。

 

そこはもうシンプルにTHE・アメカジでいきましたよ。

白のボタンダウンシャツにREDWING875を合わせて。

 

image-7

 

デカくたって好きなら良いじゃないか!ってことです。

全然アリですよ^^

 

女子ウケは悪そうですが(笑)

 

本来はクラシコイタリアの服装が大好物の私ですが、

アメカジやアメトラも好きなんです。

多方面のファッション記事を書いていけたら良いなぁと思います。

 

 

 

エヴィスジーンズ、これから休日の作業の良き相棒になる予感です。

 

 

それではまた次回、お逢いしましょう。

 

 

 

 

コメントを残す